口臭について

自分は口臭があるんじゃないだろうか、また口臭を予防したいと思ってらっしゃる方は、たくさんいると思います。今回は口臭についてお話したいと思います。

口臭の1日の変化をみると朝食前の口臭が最も強く、朝食後の口腔清掃により減少します。朝食を禁止した場合、昼食まで口臭は一定となります。口臭を防ぐためにも朝食はしっかり食べましょう。

また唾液が減ると口臭は増加します。特にストレス下では唾液分泌量が減少し、口臭は増加します。一時的な唾液分泌低下ではチューインガムなどで、唾液分泌を促進すると口臭は減少します。

口臭は大きく分けて以下3つに症状に分類されます。
①真性口臭症 ②仮性口臭症 ③口臭恐性症
です。

① 真性口臭症とは、明らかに口臭が認められるもののことで、この中でもさらに分類されます。
(1)生理的口臭
これは原因疾患のない生理的なもので、治療としては口腔清掃指導となります。
(2)病的口臭
これは口腔内の疾患(歯周病)や機能低下(唾液分泌低下)、舌苔、プラークによる口臭が原因です。
治療としては、歯周病治療や専門的清掃となります。
(3)全身由来の病的口臭
これは口腔内以外の耳鼻咽喉、呼吸器疾患などが原因となる口臭です。

② 仮性口臭症
患者さまは口臭を訴えるが、社会的容認限度を超える口臭は認められないもの。
治療としては、口臭が認められないことの説明やカウンセリングです。

③ 口臭恐性症
患者さまの口臭は認められないが、カウンセリングや説明などでは、訴えの改善が期待できないもので、心療内科などへの紹介となります。

彩都歯科クリニックでは5月中旬頃から口臭測定器が導入されます。口臭について気になる方は、お気軽に歯科医師や歯科衛生士にお尋ねください。

歯科医師 松本 明子