歯の溝を埋める虫歯予防

鮮やかな紅葉の季節となりました。皆様どうお過ごしでしょうか。
日頃から彩都歯科クリニックでは、沢山のお子様に通院して頂いております。
今回はお子様の為の虫歯予防について、お話したいと思います。

シーラントをご存じですか?
簡単に言うと歯の溝を埋める治療のことです。
虫歯にならない様に歯の溝を埋めましょうと言われた方がおられると思いますが、今回は、実際にどのように歯の溝を埋めるのか、なぜした方が良いのか、どの時期にすると良いのかを説明します。
なぜシーラントをする必要があるの?
  1. 歯の断面図です実はこんなに歯の溝が深いのです。
  2. そこに、食べかすがどんどん溜まっていきます。
  3. 虫歯の栄養源となり虫歯が出来てしまいます。
  4. また、溝が深くて歯ブラシがしっかり届きません。
そこで歯の溝を埋めてしまいます。
シーラントの方法
  1. 何もしていない歯は溝の中にゴミが溜まっています。
  2. 溝の中をしっかり掃除します。
  3. 歯の溝に汚れがない状態にします
  4. そして溝に菌が入らないように、プラスチックで蓋をしてしまいます。
どんな時期にやるの
子供の歯は生えたての時はまだ成熟してない為に、とても虫歯になりやすい状態です。
したがって、生えたての永久歯、又は乳歯にシーラントを行えば虫歯予防に効果的です。
しかし、シーラントをすれば虫歯にならないわけではありません。
毎日の歯磨きもとても大事です。特に生え変わりの時期は、保護者の方がチェックしてあげて下さい。

彩都歯科クリニック 院長 伊原 勝換