不老は口から

美容と健康に関心の高い人だったら誰でも知っている「アンチエイジング」という言葉。実はその基本ケアポイントは口だったのです!

健康な成人で1日1,500ccも分泌されている唾液。しかし現代人のコミュニケーションの中で、汗と唾液は「嫌われもの」として必要のない汚い存在のように扱われていますが、これは大きな間違いです。

唾液は気付かないところで私たちの体を守る為、大活躍してくれているのです。まず唾液の流れが口の中の汚れを洗い流してくれるだけでなく、食物に含まれる酸を中和して、虫歯や歯周病を予防します。また食事の時によく噛んで食べることにより、食物と唾液が混ざり合い、内臓の消化機能を助けます。そして、体の入り口である口は最も細菌が侵入しやすい場所。その口に唾液のバリアを塗ることによって喉や肺への感染を防いでくれるのです。

そんな大切な唾液を分泌するのが唾液腺で、耳の下あたりにある耳下腺・顎の下にある顎下腺・舌の下にある舌下腺の3つがあります。誰も赤ちゃんの頃はたくさんよだれを垂らしていたのに、加齢と共に唾液の分泌は減少していくものです。

こう考えるとアンチエイジングの要として、唾液の分泌を促進するのは理にかなっています。そこで今日からでも普段の生活に取り入れていただきたいのが、口の周りの筋肉運動。歯磨き終了後に鏡に向かって「ウー」「イー」と大きく口を動かして、最後に思いっきり舌を出して「ベー」と動かしましょう。これを毎日続けてみて下さい。そして、健康で素敵な毎日をお過ごし下さい。

ひかり歯科クリニック 歯科衛生士 栗田 咲紀