かぶせもの・つめ物の種類について

かぶせ物・つめ物は大きく分けて4種類あります。

1.プラスチック(レジン)
白い色ですが、経年劣化で変色し汚れがつきやすい材料です。
小さい虫歯をつめる治療には向いています。

2.銀歯
金属のため割れる事はないが色は良くありません。
金やセラミックと比べると適合性が劣るため、外れやすく、虫歯になる可能性が高い材料です。金属アレルギーなどを起こす可能性があります。

3.金歯
金属のため色は良くありませんが、抗菌性があり適合が良いため虫歯になりづらい材料です。

4.セラミック
審美性が非常に良く、ほぼ変色がありません。表面がなめらかで汚れがつきにくく、適合も良いため、虫歯になりづらい材料です。

かぶせ物によって様々な特長があり虫歯のリスクも異なりますが、一番大切なのは患者様自身でのブラッシングと定期検診です。当院では全ての種類のかぶせ物を取り扱っておりますので、治療の際にはお気軽にご相談下さい。

歯科医師 宮園智之