知覚過敏について

冷たい飲み物を飲んだり、冷たい風が歯に当たるとズキっと痛みが走る経験をされたことはありますか?それは知覚過敏かもしれません。知覚過敏の原因は何でしょうか?どのように治療すればいいのでしょうか?今回は知覚過敏について解説していきます。

〈知覚過敏の原因〉
歯の表面は「エナメル質」というカラダの中で一番硬い組織で覆われています。そのエナメル質の下は、「象牙質」というエナメル質よりも柔らかい組織があり、また歯ぐきの下の歯の根の部分も象牙質でできています。象牙質は、たくさんのストローを束ねたかのような、細い管がいくつも重なった構造をしています。そのため極端に冷たいものに接したり、象牙質を器具や歯ブラシでこすると、その刺激が管を伝わって中の神経に刺激がいき、その結果痛みを感じます。
具体的に知覚過敏が生じる状況には、以下のものがあります。

1. 歯ぐきが下がる:加齢や歯周病などが原因で、歯ぐきが下がることがあります。そのため象牙質が露出し、知覚過敏が起きることがあります。
2. むし歯治療:深いむし歯の治療をするとそれが神経を刺激してしまい、治療後も知覚過敏の症状が出ることがあります。
3. 酸蝕症:酸性の強い飲食物を常に摂取していると、歯のエナメル質が溶け、象牙質が露出してきます。その結果、知覚過敏が起きます。
4. ホワイトニング:ホワイトニングに使用する薬剤の影響で、一時的な知覚過敏が生じることがあります。
5. 歯ぎしり:歯ぎしりをすると歯の噛む面がすり減り、象牙質が露出するため知覚過敏が起きることがあります。

〈知覚過敏の治療方法〉
では知覚過敏になってしまった場合、どのように対処したらよいのでしょうか?

1. 知覚過敏用の歯磨き粉を使用する:知覚過敏用の歯磨き粉、とくに「硝酸カリウム」が含まれている歯磨き粉を使うようにしましょう。
2. フッ化物の応用:フッ素と聞くと、むし歯予防に使うものとイメージされるかもしれませんが、フッ素は知覚過敏にも効果的です。歯の再石灰化を促すことで、知覚過敏の症状を和らげてくれます。
歯科医院でフッ素塗布してもらったり、フッ素の入った歯磨き粉などを使用しましょう。
3. 象牙質内部の管の隙間を封鎖する:上記で述べたように、象牙質の中はたくさんの管がありますが、その管の隙間を封鎖することによって、神経に刺激が到達しないようにします。歯科医院で専用の薬剤を塗布してもらいます。
4. 象牙質の露出した部分を覆う:象牙質が露出して磨り減った状態になっている場合、そこに歯科用プラスチックを詰める治療方法があります。
5. 神経を取る:上記の治療方法を試しても、まだ知覚過敏の症状が強く出る場合、歯の神経を取る治療を行います。

〈まとめ〉
知覚過敏は、歯周病やむし歯、歯ぎしりなどが原因で生じます。知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、歯科医院で適切な治療を受けましょう。