入れ歯安定剤について

いろいろ種類があって、どの入れ歯安定剤を選んだらよいのかわからないと感じたことはありませんか?今回は入れ歯安定剤の種類や、正しい使用方法について解説していきます。

〈入れ歯安定剤とは?〉
入れ歯安定剤とは、文字通り入れ歯を安定させるためのものです。入れ歯を長年使っていたり、歯ぐきの形が変わってくると入れ歯が合わなくなってくることがあります。そのため入れ歯のガタつきや、痛みを和らげる目的で使用します。

〈入れ歯安定剤の種類〉
入れ歯安定剤は、おもに4種類あります。

① クリームタイプ
最も一般的な入れ歯安定剤です。クリーム状の安定剤は指で伸ばしやすく、粘着性も高いです。使いやすさが最大のメリットと言えます。しかし、時間の経過とともに溶けてくることもあります。万が一飲み込んでしまったとしても、健康に害はありません。

② パウダータイプ
粉末タイプのため、入れ歯に薄くつけることができ違和感が少なく、また剥がしやすいというメリットがあります。このタイプは唾液と合わさることで固まるので、唾液量の少ない方にはオススメできません。

③ クッションタイプ
クッション性が高く、痛みの緩和に効果的です。また耐久性が高く2、3日ほど使うことができます。しかし、金属床の入れ歯には使用できません。

④ シートタイプ
シートタイプは薄くつき、剥がしやすいというメリットがあります。しかし、均一に広がらないことがあります。

〈入れ歯安定剤の正しい使用方法〉
入れ歯安定剤を使う上で、いくつかの注意点があります。

① 長期の使用は控える
入れ歯安定剤はあくまでも応急処置として使うものです。ずっと使い続けると、歯ぐきが痩せてきたり、形が合わなくなってしまうこともあります。また、長時間使用すると菌が繁殖し、口臭の原因にもなるので、使用方法を必ず守りましょう。

② 寝ている間は使用しない
入れ歯は寝ている間は外しましょう。入れ歯安定剤のついている入れ歯をつけたまま就寝すると、安定剤が奥に流れて窒息の原因になることもあります。

③ きちんと除去する
入れ歯安定剤を使用したあとは、しっかりと除去しましょう。残っていると、菌が繁殖する原因となります。ただし、熱湯を使うと入れ歯が変形してしまうため、水かぬるま湯で落としましょう。

④ 歯科医院を受診しましょう
入れ歯が合わなくなったり、痛みがあるときは、なるべく早めに歯科医院を受診してください。先ほども述べたように入れ歯安定剤はあくまでも応急処置です。早めに歯科医師に相談しましょう。

ひかり歯科クリニック摂津院 院長  宮地 久崇