歯周病が全身に及ぼす影響

30歳以降の80%の人がかかっていると言われる歯周病。
実は、世界で最も患者の多い病気としてギネスブックにも認定されています。
お口の中の病気と思われるかもしれませんが、その影響は全身に及びます。
今回は歯周病と全身疾患との関わりについて解説していきます。

〈歯周病とは〉
お口の中には300~400種類の細菌が常在しています。
その中に歯周病菌も含まれ、この歯周病菌は毒素を出します。その毒素により、歯ぐきに炎症が起きることが歯周病の第一歩です。
炎症を放置していると、歯を支えている周りの歯槽骨という骨にまで炎症がおよび、徐々に溶かされていきます。
最後には、歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまいます。

〈歯周病が全身の健康に及ぼす影響〉
①脳梗塞
歯周病菌は血管を通って、全身に巡っていきます。
歯周病菌は血栓を作る働きがあり、動脈硬化を促すため脳梗塞のリスクを高めます。
実際ある研究結果によると、歯周病の人はそうでない人と比べて、2.8倍脳梗塞になりやすいということがわかりました。

②心筋梗塞
上記にある通り、歯周病菌は動脈硬化を促進するため、心筋梗塞や狭心症を引き起こすことがあります。

③早期低体重児出産
妊娠中に歯周病になると、歯周病菌は胎盤を通して胎児にも影響を与えます。
結果、早産や低体重児出産を招く恐れがあります。

④誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
特に高齢者の方に多い誤嚥性肺炎ですが、これもお口の中の歯周病菌が関係しています。
食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまうと誤嚥が起こりますが、その際に歯周病菌も共に肺の方に行き、結果誤嚥性肺炎が起こります。

⑤糖尿病
糖尿病と歯周病は互いに影響し合っていることが、研究によって明らかになっています。
重度の歯周病がある方は、糖尿の数値も高くなりやすいです。
逆に歯周治療をし、お口の中が良い状態に保たれると、糖尿の数値も下がります。

〈歯周病を予防するためにできること〉
歯周病はお口の中だけでなく、全身に影響を与えます。
歯周病を予防する、また進行させないために、以下のことを行いましょう。
・毎食後歯磨きする
・夜の歯磨きはより丁寧に時間をかけて磨く
・毎日歯間ブラシやデンタルフロスを使用する
・3ヶ月に一度、歯科医院でクリーニングしてもらう
・正しい口腔ケアについての指導を受ける
歯周病を予防するには、毎日の努力が欠かせません。自分は大丈夫と過信することなく、今から予防に力を入れていきましょう。

ひかり歯科クリニック摂津院 歯科医師 枝澤 祐馬