多くのメリットがある歯医者の上手な利用方法

日本では「虫歯になってから」歯医者に通う人が多いのに対して、
スウェーデンやフィンランドといった予防先進国では「虫歯になっていなくても」
定期検診に通う人が80%~90%いると言われています。
日本でも最近予防歯科が増えてきて、定期的に検診を受けるメリットが注目されています。
実際どの様なメリットがあるのかみてみましょう。

【健康な状態をキープする】
虫歯は気がつかない間に進行してしまうことが多いものです。
痛みを感じて来院した時には、神経の近くまで虫歯になっていて、神経を抜く処置をしなければならない事もあります。
また、虫歯が進行していればしているほど期間や費用がかかります。
そんな状態になる前に定期的に検診に通う事によって健康な状態をキープ出来ます。
虫歯だけでなく、咬み合わせや歯肉の状態のチェックも合わせて行います。

・クリーニングする。
汚れがある部分をクリーニングして、虫歯を防ぐことが出来ます。
クリーニングはほとんど痛みもありませんし、お口の中が綺麗になるのでさっぱりとした爽快感を感じます。

・咬み合わせをチェックする。
咬み合わせに不具合が生じると、歯自体や歯を支えている骨にもダメージを与えてしまいますし、顎にも影響が及びます。
頭痛や肩こりの原因になることもあります。
大きく咬み合わせが変わってしまう前に調整したり、マウスピースで保護することが出来ます。

このように定期検診に通うことで、健康なお口の状態を維持していくことが出来ます。
進行してしまった虫歯で沢山の費用をかけてしまうより、定期検診を受けることで、治療期間も短く、費用も安く済ませることが出来るのです。
歯医者を上手に利用して予防歯科を始めていきませんか?

ひかり歯科クリニック摂津院 院長  宮地 久崇