治療を放置することの危険性

歯科医院での治療を受けていたものの、仕事や育児などで忙しくなって、治療を続けられなくなる方がいらっしゃいます。痛みがなくなったから、また腫れなくなったからと思っていても、治療途中でその歯を放置するのはとても危険なことです。今回は、治療中の歯を放置するのが危険な理由について解説していきます。

〈型を取ったまま放置する場合〉
むし歯の部分を削ってセラミックや、銀の小さな詰め物を入れる時、まずお口の型をとります。型を取った後に治療に来なくなってしまうと、以下のことが起こる可能性があります。

①また虫歯になってしまう危険がある
削った部分には、仮止め用のお薬を入れますが、あくまでも“仮”のためそのまま放置してしまうと、隙間に食べ物のカスなどがたまり、むし歯になりやすいです。むし歯になってしまったら、また削り直さなければなりませんし、むし歯が大きくなった場合、歯の神経を抜かなければならなくなる可能性もあります。

②型が合わなくなり、再度型取りすることがある
型取り後に来なくなってしまうと、徐々に歯が動いてしまうため、出来上がった詰め物が合わなくなることがあります。その場合再度型取りが必要となります。

〈神経の治療を放置する場合〉
患者さんが途中から来なくなってしまう治療の多くは、神経の治療をしている時です。むし歯が大きくて歯の神経を抜いた場合、何度か神経の管を清掃して綺麗にしてからお薬を詰めます。まだ管の中に細菌が残っている場合はお薬を入れられないため、この治療が長引くこともあります。しかしもう痛くなくなったと考えて、やめてしまうのはとても危険です。

①抜歯になる可能性がある
神経の治療途中で放置すると、治療を再開する頃にむし歯が広がってしまい、抜歯になることがあります。本来であれば残せる歯を抜くのはとても残念なことです。

②根の先に膿みが溜まることがある
管の中に残っていた細菌によって、根の先に膿みがたまってしまうこともあります。膿は歯を支えている周りの歯槽骨を溶かしながら大きくなります。
 

〈仮歯のまま放置する場合〉
被せ物に型を取る前に、仮歯をつけることがあります。仮歯が綺麗に見えたとしても、そこで治療を放置するのは危険です。

①再度むし歯になる危険がある:仮歯のままにしていると、中でむし歯ができることがあります。
②歯ぐきが腫れる:仮歯は細菌を寄せ付けやすいため、歯ぐきに炎症が起きる可能性が高いです、
③抜歯になる可能性:ギリギリの状態で残した歯を放置すると、抜歯になる可能性が高いです。いくら仮歯をつけていたとしても、中でさらにむし歯になってしまうと、抜歯せざるを得ないかもしれません。
 

〈最後まで通院することは大切〉
治療を放置すると、患者さんの負担はさらに増えます。残せる歯も残せなくなるかもしれません。治療費もその分高くなります。毎日忙しい生活をしているとしても、治療には最後まで通うようにしましょう。

ひかり歯科クリニック摂津院 歯科医師 枝澤 祐馬