定期検診の大切さについて

定期検診には行かれてますか?定期検診は、自分自身のお口の健康だけでなく、カラダの健康を守る上で欠かせないものです。今回は、定期検診の大切さについてのお話です。

〈定期検診とは〉

定期検診とは、お口の中にトラブルが起きていないか検査することです。メンテナンスとも呼ばれます。

日本はまだまだ歯科分野において、発展途上にあります。歯科先進国であるスウェーデンは、国民のメンテナンス率は90%を超えます。アメリカも約80%の方が定期的にメンテナンスに通っています。

その一方で、日本人のメンテナンス率はたったの2%です。他の国と比べて、明らかにお口のメンテナンスへの意識が低いことが伺えます。

〈なぜ定期検診を受ける必要があるのか〉

ではなぜ、定期検診をする必要があるのでしょうか?なぜ、痛くなってから歯科医院に行くのでは、遅いのでしょうか?

1.お口のトラブルを予防する

むし歯と歯周病は、お口の二大疾患です。定期検診の際に、お口の中をクリーニングすると、お口の中の細菌や、磨き残し、歯石を除去することができます。このクリーニングによって、歯をむし歯から、また歯周病から守ることができます。加えて、ブラッシング指導を受けるなら、自宅でどのようなケアが必要なのか知ることができ、むし歯や歯周病予防につながります。

2.お口のトラブルを早期に発見、治療できる

むし歯や歯周病、その他の病気は初期のうちは自覚症状がないかもしれません。しかし、むし歯も歯周病も基本的には自然治癒することはなく、症状は進行していきます。重症化してから気づくと、その分患者さんへの負担は大きくなります。しかし、定期検診を受けるなら、まだ初期の段階で治療することができるため、負担を軽減することができます。

3.治療費の軽減

上記のように、定期検診は患者さんの負担を軽減しますが、それは治療費の軽減にもつながります。実際、定期的に歯科医院に通う人の80歳までの治療費推計が¥1,514,000なのに対し、痛い時だけ歯科医院に行く人の80歳までの治療費推計は、¥4,354,000でした。(日吉歯科診療所調べ)ここまで大きな差が出るのです。

もちろん定期的に歯科医院に通っている人の方が、残っている歯の本数も多くなります。

定期検診は、お口の健康を守り、いつまでも自分の歯で食事ができるように助ける上で欠かせません。

またそうすることにより、結果的に医療費の削減にもつながります。

〈目安は3カ月に一度〉

定期検診は、できるなら3ヶ月に一度のペースで通いましょう。それが難しくても、6カ月に一度は通うようにしてください。

元気に長生きするために、定期検診に通いましょう!

ひかり歯科クリニック摂津院 院長  宮地 久崇