歯の神経の治療とはなにか

歯が痛いと感じて歯科医院にいった時に、歯科医師から「神経を抜きましょう」と言われた経験があるかもしれません。どうしてむし歯が大きいと、神経を抜かないといけないのでしょうか?

そもそも、神経を抜くとはどのような意味なのでしょうか?今回は神経治療について解説していきます。

 

〈歯の中には神経がある〉

神経というのは、歯の中にある「歯髄」のことを指します。この歯髄は痛覚をつかさどる神経のため、むし歯菌によって歯が溶かされ歯髄に菌が感染すると、夜眠れないほどの痛みを感じます。

強い痛みが出てしまうと、痛み止めを飲んでも効かないかもしれません。

 

〈神経を抜くとは、歯髄を除去すること〉

むし歯菌が神経に感染すると、炎症を起こします。

一度感染してしまった歯髄は除去しなければいけません。除去したあとも、むし歯菌を殺菌する必要があるため、歯髄腔(歯髄のあった部屋)を何度か消毒する必要があります。

その後、最終的なお薬を歯髄腔に詰めます。これで神経の治療自体は終わりますが、まだ治療は続きます。神経のない歯はもろくなるため、歯を補強するために土台(コア)を入れます。

そしてクラウンと呼ばれる被せものをつけて治療が終了します。コアやクラウンにはいくつかの種類があります。保険適用の銀のクラウンのほかにもゴールドのクラウンや白いセラミックのものがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、歯科医師とよく相談した上で決めましょう。

 

〈神経の治療をせずに放置するとどうなるのか〉

もし神経の治療をせずにむし歯を放置すると、神経は死ぬため次第に痛みを感じなくなります。

そのため「治った!」と勘違いしてしまうかもしれません。しかし歯髄はその後腐っていき、歯の根っこの先に膿の袋を形成していきます。そのため歯を支える骨が溶かされてしまったり、ひどい場合は急にあごが腫れてしまうなどの事態を招きかねません。

むし歯は放置しても自然治癒することはないため、必ず治療を受ける必要があります。

 

〈まとめ〉

むし歯菌が歯髄まで感染した場合、歯髄を完全に除去・消毒する必要があります。

神経の治療をすることによってそれまで感じていた痛みが消えますし、それ以上むし歯が進むのを抑えることができます。しかし神経を抜いてしまうと、その歯の寿命は短くなります。

そのため一番良いことは、むし歯にならないように日頃からていねいに歯磨きをしたり、歯科医院での定期検診を受けることです。フッ素入りの歯磨き剤なども使用しながら、むし歯を予防していきましょう。もし神経の治療をしなければならなくなったのなら、必ず最後まで通うようにしましょう。

ひかり歯科クリニック摂津院 歯科医師    枝澤 祐馬