歯を折ってしまった時の応急処置と、その後の治療方法

スポーツをしてたり、転んでしまったときに、歯を折ってしまうことがあるかもしれません。
どのように対応するかはその後の治療を左右します。今回は歯を折ってしまった時にしてほしいこと、その後の治療方法について説明していきます。

《折れてしまった時の対処法》
では、折れてしまった場合、どのように対処したら良いのでしょうか。
(1) 歯の根っこごと抜けた場合、無脂肪牛乳の中に入れましょう
歯の根っこの周りには『歯根膜』という組織が付着しています。衝撃によって歯が抜ける(脱臼)場合でも、この組織の状態が
良ければ、再び元に戻す(再植)ことが可能の場合があります。無脂肪牛乳、もしくは、ポカリスエットの中に抜けた歯を入れて
歯科医院にすぐに行きましょう。周りに何もない場合は、さっとすすいでからお口の中に含んで歯科医院に行ってください。
歯根膜が乾燥したり、ゴシゴシ洗うと歯根膜が傷ついたり、剥がれて再植はできなくなるため、十分注意しましょう。
ただしお口の中に入れた場合は、飲み込まないように注意しましょう。
(2) 患部を触らない
手でその部分を触ったり、舌で確認したくなるかもしれません。しかし、雑菌が入る原因になるため、やめましょう。
ぶつけた歯がグラグラしている場合、そこを触ると刺激によって、歯が抜けてしまうかもしれません。
触らず、すぐに歯科医院に行きましょう。

《歯が折れてしまった場合の治療方法》
必ずレントゲンでの確認が必要となります。
同じ折れ方はありませんので、その都度対応は違ってきますが、おおまかには以下の処置になります。
また、乳歯と永久歯では同じような折れ方でも処置方法が変わります。
(1) プラスチック樹脂で修復する
歯が欠けてしまった部分を、プラスチックの樹脂で修復します。
(2) 神経の治療
歯の神経の部屋まで大きく欠けてしまった場合、神経を抜く治療をしなければなりません。
クラウンという被せ物を装着します。クラウンは材質によってメリット、デメリットは異なります。
よく歯科医師と相談してから決めましょう。
(3) 抜歯
歯の根っこの方まで割れてしまった場合、抜歯する必要があります。抜歯後の治療方法には、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。

《できるだけ早く歯科医院を受診しましょう》
歯が折れたり、抜けてしまった場合、ショックを受け慌ててしまうかもしれません。
まずは落ち着いて冷静に対処し、できるだけ早く歯科医院に行きましょう。歯は、一度欠けると、食事中にまた欠けてしまったり、気づかないうちに、中の神経が死んでしまうかもしれません。
欠けた部分が少しの場合や痛みがない場合でも、すぐに歯科医院を受診しましょう。

 

ひかり歯科クリニック摂津院 院長  宮地 久崇