歯周病のセルフチェック

いつまでも健康に長生きしたいと思うのが自然な願いです。
そのためには自分の歯でしっかりと噛んで、食事をすることは欠かせません。
しかしさまざまな原因で歯を抜かなければならないことがありますが、歯が抜ける原因の第一位は、歯周病です。今回はその歯周病を予防、早期に治療するために、歯周病をセルフチェックする方法について解説していきます。

〈歯周病とは〉
私たちのお口の中には、300〜400種類もの細菌が常在しています。その中に歯周病菌があります。
歯磨きがあまりできていないと、歯と歯の間や、歯と歯ぐきに境目(歯周ポケット)などに、プラークという細菌の塊ができます。歯垢とも呼ばれます。このプラークの中にたくさんの歯周病菌があり、毒素を出していきます。

この毒素によって、歯ぐきに炎症が起きたり、歯槽骨という歯を支える周りの骨が徐々に溶かされていくのが歯周病です。放置していると、歯槽骨が歯を支えきれなくなるため、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。年齢に問わず、歯周病になる危険性はどなたにもあります。

〈歯周病セルフチェック項目〉
では、歯周病にはどのような症状があるのでしょうか?

*歯磨きをすると歯ぐきから出血する
*歯ぐきが赤く腫れている
*以前と比べると歯が伸びたように見える
*歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなった
*歯がグラグラする
*噛むと痛い
*硬いものが噛めない
*口臭がある
*歯をあまり磨かない
*歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用していない
*親が歯周病である
*歯ぎしりする
*何年も歯科医院に行っていない

これらの項目に当てはまった方は、一度歯科医院を受診されることをおすすめします。
もちろん当てはまったからといって、必ずしも歯周病とは限りません。しかし、歯周病はsilent disease、つまり静かなる病気と言われ、気づかない間に進行していることが多いです。
そのため、歯周病を予防、また早めに治療していくには、歯科医院で適切な予防処置、歯周治療を受ける必要があります。

〈歯周病を予防するのに1番大切なのは、毎日の歯磨き〉
歯周病を予防するのに1番重要で、簡単なのは毎日の歯磨きです!
できるだけ毎食後、歯を磨く習慣をつけましょう。とりわけ、夕食後、または就寝前の歯磨きはとても大切です。
寝ている間に菌は繁殖するからです。できれば10分ほど時間をかけて、丁寧に磨きましょう。
仕上げに歯間ブラシやデンタルフロスなども使用して、歯間部を清掃することも忘れないでください。
そして、3ヶ月に一度は歯科医院で定期検診しましょう。毎日のちょっとした努力によって、歯周病から歯を守りましょう。

ひかり歯科クリニック摂津院 歯科医師    枝澤 祐馬