虫歯になりやすい人の特徴とは?

しっかり磨いているのに虫歯になってしまうのは何で、と思ったことはありませんか?
実は、お口の状況によって虫歯になりやすい人となりにくい人がいるのです。
そこで今回は虫歯になりやすい人の特徴についてご説明します。

【特徴1 唾液が少ない人】
唾液には虫歯菌や歯周病菌を洗い流して、お口の中を清潔に保つ役割があります。
また、口で呼吸する『口呼吸』は口が乾きやすいため、お口の中がネバネバしている場合は、鼻で呼吸しているか確認してみましょう。

【特徴2 間食が多い人】
間食をする度に虫歯菌は糖を取り込んで『酸』を作り出してしまいます。
そのため、酸を出す回数が多くなってしまうと、唾液の効果によって『再石灰化』をするスピードが追い付かなくなってしまい、
虫歯になってしまうのです。
また、糖分の入っている飲み物も頻繁に飲むことで虫歯のリスクを増やしてしまうので、注意しましょう。
キシリトール100%のガムであれば、虫歯予防にもなるので、間食の代わりにおすすめしています。

【特徴3 歯並びが悪い】
歯並びが悪く、重なり合ってしまうと歯ブラシがしづらくなります。
そのため、磨き残しが多く、虫歯になるリスクが高くなってしまうのです。
虫歯予防のためにも歯並びを改善する矯正治療を行うのはいかがでしょうか。

虫歯になりやすい人はダラダラ間食をしてしまう生活習慣を改めたり、お口で呼吸する『口呼吸』を改善することで
虫歯のリスクを下げることが出来ます。

もちろん日頃のセルフケアもしっかりと行うことが大切なので、ブラッシングだけでは不十分な場合には、
歯ブラシ+デンタルフロスや歯間ブラシなども併用してしっかり汚れを落としてあげましょう。

 

ひかり歯科クリニック摂津院 歯科医師 枝澤 祐馬