お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

口内炎ができると、ご飯を食べるたびに痛みを感じて辛いですね。

 

口内炎がなかなか治らなくて、不安に思われることもあるかもしれません。

今回は口内炎がなかなか治らない時に考えられる病気について解説します。

 

 

口内炎がなかなか治らない時に考えられる病気

 

口内炎ができる場所はさまざま

口内炎といっても、できる場所はさまざまです。

よくできるところとしては、舌や、頬の粘膜、歯ぐき、唇などがあげられます。

できる場所によって名称も異なり、舌炎や、口唇炎、歯肉炎などとも呼ばれます。

 

通常の口内炎は2週間ほどで治る

最も多いアフタ性口内炎であれば、通常数日から2週間ほどで完治します。

 

他の人にうつす心配もありませんし、基本的には自然治癒を待ちます。

いったん治ってもその後再発するものを、再発性アフタと呼びます。

しかし、同じ口内炎が2週間経ってもなかなか治らない場合は、別の病気が隠れている可能性があります。

 

口内炎がなかなか治らない時に考えられる病気

口内炎が2週間以上経っても治らない場合には別の病気が隠されている可能性もあります。

 

【1】口腔がん
日本人の死因第一位は悪性腫瘍ですが、口腔がんとはその名のとおり「お口の中にできるがん」のことです。

舌、口底(舌の下側)、歯肉(はぐき)などにできます。

口腔がんであれば、口内炎のように自然治癒することはありません。

 

口腔がんの特徴としては、アフタのようなものが2週間以上できること、1cm以上の大きいものが多い、

境界が不明瞭で固くでこぼこしていることなどがあげられます。

 

口腔がんは、肺がんや胃がんのような体の中にできるがんとは異なって、目に見える位置にできるがんであるため、早期発見しやすいがんとも言えます。

 

 

【2】ベーチェット病

ベーチェット病とは、原因不明の自己免疫疾患です。

自己免疫機能が体の組織を攻撃してしまい、失明に至る場合もあります。

ベーチェット病の場合、1cm以上の大きな口内炎ができる特徴があります。

 

 

【3】 血液のがん
白血病や悪性リンパ腫など、血液のがんになると自己免疫力が低下します。

免疫力が低下するとお口の中のヘルペスウィルスが増殖して口内炎ができやすくなります。

 

口内炎の特徴としては、3mm以下の小さな口内炎が同じ場所に複数できます。

 

治ってもまたすぐに繰り返すという特徴があります。

 

1ヶ月の間に何回も繰り返すようであれば、一度医療機関を受診したほうが良いでしょう。

 

当院には口腔外科専門医が在籍しています。

口内炎が気になる方は当院までご相談ください。

 

当院の口腔外科について詳しくはこちら

 

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内