お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog
誤嚥性肺炎は死を招くほどの危険な病気です。

 

75歳以上の死因の第一位は肺炎ですが、そのほとんどを誤嚥性肺炎が占めています。

しかし誤嚥性肺炎は予防できるものです。

 

今回は誤嚥性肺炎を予防するために今からできることについて解説していきます。

 

誤嚥性肺炎をふせぐために今からできること

 

誤嚥性肺炎の原因はお口の中の菌と飲み込む力の低下にある

通常、食べ物はお口の中に入ってくると食道、そして胃へと流れていきます。

 

しかし、食べ物が誤って気管に入り、肺へと行くことを誤嚥と言います。

特に高齢の方は飲み込む力が弱くなっているため、誤嚥を起こしやすいです。

 

お口の中の細菌が肺に入り炎症することで、誤嚥性肺炎になります。

高齢の方や、筋肉が低下する病気を持っている方は、誤嚥をしたときにむせづらくなるためそのまま誤嚥を起こしやすいです。

 

ですから誤嚥性肺炎を防ぐためには、お口の中をいつもきれいにすることと、飲み込む力を低下させないことが大切です。

 

 

誤嚥リスクのチェックリスト

誤嚥を招きやすくなっている方の特徴として、以下のことが挙げられます。

 

【1】 むせやすくなった
【2】 ご飯を食べる時間が長くなった
【3】 パサパサしたものや硬いものを食べられなくなった
【4】 食べる量が減った
【5】 体重が減った
【6】 しゃがれ声になる
【7】 食べ物が口の中に残るようになった
【8】 食べ物や薬が喉に残っているように感じる
【9】 歯科医院での治療中、むせるようになった
【10】 寝ている時に、急に咳き込んで目が冷めるようになった
【11】 喉が渇きやすくなった

 

これらの項目に当てはまる方は、誤嚥しやすい傾向にあります。

 

誤嚥性肺炎を防ぐために今からできること

前述のとおり誤嚥性肺炎を防ぐポイントは、お口の中をきれいにすることと飲み込む力を鍛えることです。以下のことを試してみましょう。

 

【舌の筋トレをする】

食べ物を飲み込む時、舌は大きな役割を果たします。

舌を思いっきり出したり、引っ込める運動をしましょう。

また舌を左右の口角に交互につける運動も行いましょう。

そして人とよく喋ることを心がけましょう。

 

【口腔ケアをしっかり行う】

お口の中が汚れていると、誤嚥性肺炎を起すリスクも高くなります。

毎日しっかりと歯磨き、歯間ブラシでお口の中を清潔にしましょう。

入れ歯が入っている方は、毎食後磨きましょう。

 

【歯科医院での検査を受ける】

去年の4月から、65歳以上の方を対象に「口腔機能低下症」の検査ができるようになりました。

舌の力や噛む力がどれくらいあるかなどを調べていきます。筋力の低下が見られる場合は、口の体操の指導を受けます。

 

ちょっとした意識で誤嚥性肺炎のリスクを減らすことが出来ます。自分は大丈夫と思わず、今から意識していきましょう!

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内