お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

口内炎ができると、熱いものを飲んだ時や食べ物がその部分に触れただけでも激痛が走ります。

小さな口内炎でも痛みは鋭く、人によっては同時に数個出来てしまう方もいます。

 

今回は、口内炎が出来た時の対処法や予防法について解説していきます。

口内炎の対処法について

 

口内炎が出来たときにできること

口内炎が出来てしまったら、どのように対処したら良いのでしょうか。

 

【1】軟膏を患部に塗る

口内炎が出来た場合、「ケナログ」などの軟膏を塗ります。

薬を塗る場合は、綿棒か清潔な指で塗るようにしてください。

 

【2】歯科医院を受診する

歯科医院では、レーザー治療によって口内炎を治療することが出来ます。

軟膏を塗るよりも比較的短時間で痛みを和らげることが出来ます。

またレーザーの照射によって、患部を殺菌・消毒する効果も期待できます。

また、口内炎の原因がかみ合わせのズレや、不適合な入れ歯などにある場合は、歯科医師が調整する必要があります。

 

【3】タバコやお酒を控える

タバコや、お酒は口内炎の治癒を遅らせます。

できるだけやめるようにしましょう。

 

【4】患部を不必要に触らない

口内炎ができると気になって指や舌で触りたくなるかもしれません。

しかし治癒を遅らせることになりますので、不必要に触るのはやめましょう。

 

口内炎の予防のためにできること

【1】お口の中を清潔な状態に保つ

口内炎は、口腔内細菌が多いとできやすいと言われています。

そのため、できるだけお口の中をきれいな状態に保つことが、口内炎を予防する上で欠かせません。

毎食後ていねいに歯磨きをして、お口の中で菌が繁殖するのを防ぎましょう。

 

ただし、強い力で磨くと歯ぐきを傷つけて口内炎を作る原因となります。

優しい力で磨くようにしましょう。

また、うがい薬で毎日うがいすることも効果的です。

 

【2】十分な睡眠時間を確保する

睡眠不足が続くと、免疫力が下がります。

免疫力が下がったときに口内炎はできやすいです。

 

忙しい毎日を過ごしておられるとは思いますが、できるだけ7~9時間程度の十分な睡眠時間を確保するように心がけましょう。

 

【3】ビタミンB類の摂取

ビタミンB2などが不足すると、口内炎ができやすくなります。

サプリメントを摂取したり、レバーなどのビタミンBが豊富に含まれている食材を食べるようにしましょう。

 

まとめ

口内炎が出来てしまった時は、軟膏を塗ったり、歯科医院で適切な治療を受けましょう。

そして普段からお口の中を清潔に保ったり、十分な睡眠を取ることによって、口内炎の出来にくい身体を作っていきましょう。

 

1週間以上口内炎が治らない方は何らかの原因がある可能性があります。

一度歯科医院で検査してもらいましょう。

 

ひかり歯科クリニック摂津院には口腔外科専門医が在籍しています。

口内炎をはじめとする粘膜疾患・粘膜痛にも対応可能です。

 

お口の中のトラブルは当院までお気軽にご相談ください。

 

ひかり歯科クリニック摂津院の口腔外科についてはこちら

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内