お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

年齢が上がるにつれて、服薬されているお薬の種類が増えてきますよね。

歯科治療に常用薬は関係ないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、中には気を付けていただきたいお薬もあります。

その一つに骨粗しょう症の薬が挙げられます。

今回は歯科治療を受けるに当たり、骨粗しょう症の薬を飲んでいる方に注意していただきたいことについて説明していきます。

 

骨粗しょう症のおくすりと歯科治療について

 

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、閉経後の女性や高齢者に多く見られる病気です。

骨密度が低くなるゆえに骨がもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

高齢者が転んで骨折すると、そのまま介護が必要になることが多くなります。

そのような事態を予防するために、早い段階からこの薬を処方されるケースが増えてきています。

 

骨粗しょう症と歯科治療の危険性

骨粗しょう症との薬の中に、“ビスフォスフォネート薬剤(BP薬剤)”があります。

この薬は骨粗しょう症の治療に効果的なため、一般的に使われています。

しかし、歯科治療を受ける場合注意が必要な薬でもあります。

 

なぜなら起きる頻度は少ないものの、抜歯、インプラント、その他の口腔外科治療を受けた際に、難治性の「顎骨壊死」、また「顎骨骨髄炎」を起こすケースがあるからです。

顎骨壊死が起きると、歯ぐきが腫れたり、痛みを感じたり、歯がグラグラしてきます。

放置すると範囲はさらに広がっていきます。

 

BP薬剤には内服薬や、注射による薬がありますが、この注射による投与のほうが副作用が出やすいという研究結果が出ています。

 

注意してほしいこと

では、担当医師から骨粗しょう症の薬を飲んだほうが良いと言われた場合、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。

 

【骨粗しょう症の治療を始める前に、必要な歯科治療を先に受ける】

一番良いことは、骨粗しょう症の治療を始める前に、必要な歯科治療を受けることです。こ

のとき、歯科医師に今後骨粗しょう症の治療を行う旨を伝えておきましょう。

すでに骨粗しょう症の治療を始めていて、なおかつ歯科治療が必要になった場合はどのように対処したら良いのでしょうか。

 

【かならず歯科医師に、骨粗しょう症の治療を受けていることを先に伝える】

歯のクリーニングや、むし歯治療は骨粗鬆症の治療を受けていても行うことは可能です。

しかし、外科的治療が必要になった場合は、自己判断でBP薬剤を止めることはしないでください。

かならず歯科医師と、担当医師に相談しましょう。

 

また、過去に骨粗しょう症の治療を受けていた方も、必ず事前に歯科医師に伝えてください。

 

【定期的にクリーニングを受ける】

お口の中が清潔な人は、副作用が発生しても重症化しにくいという報告もあります。

定期的にクリーニングを受けて、お口の中を清潔に保つことを心がけましょう。

 

トラブルを未然に防ぐために、歯科医院を受診する際にも、必ずお薬手帳を提出しましょう。

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内