お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

歯を失ってしまった場合、そのままにしておくとさまざまな弊害があります。

そのため、無くなった部分を修復する必要があります。

 

一般的な修復方法は主に入れ歯ブリッジインプラントです。

歯を失ってしまったときの修復方法にはどんな選択肢があるの?

なぜ修復しなければならないの?

歯が抜けたまま放置していると、隙間を埋めるために両側の歯が倒れたり、失った歯の対顎の歯が伸びてきたりします。歯並びや噛み合わせの不具合につながるため、できるだけ早く修復が必要なのです。

 

入れ歯による修復

入れ歯は、失った部分を補う人工歯と、歯茎に密着させて固定するための義歯床でできた装置です。部分入れ歯の場合は、クラスプと呼ばれる金属のバネを隣の歯にかけて固定します。保険適応の治療もありますし、材料によっては保険外の入れ歯もあります。

 

【メリット】

ほとんどの症例で対応可能です。

保険適応内であれば安価で修復できます。

 

【デメリット】

噛む能力が天然歯の約2~3割に下がってしまいます。

歯茎に装着するため、見た目で入れ歯をつけていると分かります。

ずれて合わなくなってくると、歯科医院で装置の調整が必要です。

 

ブリッジによる修復

失った歯の両側に健康な歯がある場合、その歯を土台にして橋をかけるように連結した人工歯の装置を作って被せます。

 

【メリット】

歯を土台に固定しているので安定感があります。

違和感も少なく、噛む能力も天然歯の6割程度回復することができます。

 

【デメリット】

両側の健康な歯を削る必要があります。

また、噛む力が連結した歯に分散されるため、健康な歯へ負担が大きくなります。

支えとなる健康な歯が無い場合は適応できません。

 

インプラントによる修復

まず失った歯があった部分の歯茎を開き、顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋入する手術をおこないます。その後人工歯根が安定したら、その上に人工歯を装着する方法です。

 

【メリット】

人工歯根が埋め込まれているため安定感があり、噛む能力はほぼ天然歯と変わりません。

また、見た目も人工歯だとわかりにくい仕上りで審美性があります。

メンテナンスをしっかり行えば、長く使えます。

 

【デメリット】

保険適応外で全額自費治療のため高額になります。

人工歯根を埋入するために外科手術が必要になるため、持病等によっては適応できません。

 

まずはご相談ください!

失った歯の修復方法は、口腔内の状態やライフスタイルなどの条件により、それぞれ異なります。

ご自身にどの治療法が合っているのかお気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

 

 

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内