お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

女性の2人に1人は顎関節症の経験があると言われるほど、多くの方が顎関節症に悩まされています。

何が原因で顎関節症になるのでしょうか?

 

今回は顎関節症の原因と、その対処法についてわかりやすく解説していきます。

顎関節症の原因と対処法について

顎関節症の主な原因は5つある

顎関節は耳の穴の少し前の部分に位置します。

顎関節がスムーズに動くことによって、口の開け閉めができたり、会話をすることができます。

 

顎関節がスムーズに動かなくなると、口を開けると痛みを感じたり、口が開けづらくなります。

これが顎関節症です。

 

顎関節症の原因ははっきりとは解明されていません。

いくつかの要因が重なって発症すると考えられています。

要因としては以下のものが考えられています。

 

【1】ストレス

人はストレスがかかると、無意識に歯を食いしばることが多くなります。

顎関節周りの筋肉が常に緊張した状態になるため、顎関節症になりやすくなります。

 

【2】歯ぎしり

日中のストレスは、寝ているときに歯ぎしりを引き起こすことがあります。

寝ているときに歯ぎしりをすると自分の体重以上の力が歯や顎にかかるため、顎関節症になりやすくなります。

 

【3】かみ合わせのズレ

歯並びが悪いと、左右で均等に噛むことができません。

片側に負担がかかると顎関節症を引き起こしやすいです。

 

【4】いつも片側ばかりで食事をする

【3】と同じ理由ですが、いつも右側だけ、または左側だけで食べるクセがついてしまうと、片方の顎関節にばかり負担がかかります。

バランスが崩れると顎関節症になりやすいです。

 

【5】転倒などの事故

転んでしまうなど何らかの原因であごを強打してしまうと、それがきっかけとなって顎関節症になることがあります。

 

顎関節症になってしまったときの対処法とは?

顎関節症になってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

顎関節症はほとんどの場合、自然と解消されていきます。

 

症状が出ているときは無理に大きなお口を開けたりしないで、あごを休ませてあげましょう。

硬いものを避け柔らかいものを食べることであごへの負担を軽減させることも大切です。

 

また片側だけで食べるのではなく、左右均等に使うようにしましょう。

 

それでもなかなか良くならない場合は、歯科医院でマウスピースを作ることができます。

マウスピースをはめることによって、歯ぎしりや食いしばりからくるあごへの負担を減らすことができます。

マウスピースを作るときにはかみ合わせのバランスも診てもらい、左右均等に噛めているかチェックしてもらうと良いでしょう。

 

ひかり歯科クリニック摂津院には口腔外科専門医が在籍しており、顎関節症の治療も行っております。

顎関節症にお悩みの方は一度当院までご相談ください。

 

ひかり歯科クリニック摂津院の口腔外科についてはこちら

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内