お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog

歯科医院では、治療にマウスピースを使用することがあります。

 

用途によって、マウスピースの厚さや形状は異なります。

 

そこで今回は、マウスピースを活用した治療法について、いくつかご紹介します。

 

マウスピースを活用した治療法とは?

歯を保護する役割

 
歯ぎしり
歯ぎしりや食いしばりは、気づかないうちに行っていることがあります。

 

ストレス状態が原因である場合も少なくありません。

 

また、寝ている時は、無意識に強い力が入り、歯に負担がかかります。

このような場合、自分で意識して改善することは難しいので、マウスピースを使用して歯を保護します。

 

顎関節症

日頃から歯に強い力がかかっていると、あごにも負担がかかります。

 

あごに強い力がかかると、緊張状態になり、顎関節症になってしまうのです。

そのため、マウスピースを使用することであごへの負担を軽減します。

 

矯正治療

矯正治療というと、金属のブラケット装置をつける治療が一般的でした。

 

しかし、現在は患者さんの希望に沿えるよう様々な治療法があります。

『マウスピース矯正』もそのうちの1つです。

 

マウスピース矯正

透明のマウスピースを使用して、歯を動かしていく治療です。

 

マウスピースの形を段階的に少しずつ変えていきます。

透明なので、矯正していることが分かりにくく、見た目が気になりません。

 

また、着脱できるので、取り外して食事や歯磨きができます。

メリットの多い治療ですが、歯並びを大きく変えなければいけない場合は、適応にならないこともあります。

 

ホワイトニング

ホームホワイトニングは、名前の通り自宅で、自分でホワイトニングする方法です。

マウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて歯に装着します。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングより、効果は緩やかですが、歯の色が気になった時や時間がある時など、自分のペースでメンテナンスできます。

 

マウスピースの厚みの違い

マウスピースは型取りをして、お口にぴったりと合ったものを作成しますが、用途によって厚みが変わります。

 

歯を保護する為には、厚いマウスピースを使用し歯を守ります。

 

マウスピース矯正の場合、歯並びの状態によって段階的に厚みが変わることがあります。

歯に一定の力をかけて、歯を動かす必要があるので、少し厚めのものを使用します。

 

ホワイトニングのマウスピースは、違和感の少ないものになっています。

ジェルを浸透させることが目的なので、薄いものを使用します。

 

このように、マウスピースには様々な活用法があり、形状や厚みも治療の目的に応じて違います。

 

気になる治療があれば、ぜひ歯科医師にお尋ねください

 

ひかり歯科クリニック摂津院でもマウスピースによる治療を行っております。

興味のある方はスタッフまでお気軽にご相談ください。

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内