お電話番号はこちら
24時間受付のWEB予約はこちら
摂津院ブログ
Blog
目立たない入れ歯 ノンクラスプデンチャーとは?

歯を失ってしまった場合、その部分を補うための治療が必要になります。

その方法の一つに入れ歯を入れるという選択肢があります。

しかし入れ歯は見た目が気になり、躊躇してしまうかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「ノンクラスプデンチャー」です。

 

今回は「ノンクラスプデンチャー」について解説していきます。

目立たない入れ歯 ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーとは?

クラスプとは、いわゆる入れ歯のバネの部分を指します。

 

保険の範囲内で部分入れ歯を作製した場合、クラスプは金属製になります。

入れ歯で目立つ大きな原因は金属製のクラスプです。

入れ歯を装着する場所によっては目立ってしまうため、抵抗のある方も多い

 

そんな方にオススメなのがノンクラスプデンチャーです。

ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使用しておらず、金属バネ部分には歯茎の色に近いピンク色の樹脂を使用しています。

このため、入れ歯を装着していても、他の人から気付かれることはほとんどありません。

 

ノンクラスプデンチャーのメリット

ノンクラスプデンチャーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

【1】審美性に優れている

金属のクラスプではないため、お口の中に入れても自然な見た目です。

他の人からも入れ歯をつけていることは気づかれないでしょう。

 

【2】フィット感がよく違和感が少ない

保険の範囲内で作られる入れ歯の素材よりも、柔らかく弾性のある素材を使用して作製されます。

そのため通常の入れ歯よりも違和感が少なく、食事もしやすいでしょう。

また金属のクラスプよりも歯にしっかりとフィットさせる構造のため、食べ物が入れ歯に挟まったり、中に入り込むこともほとんどないでしょう。

 

【3】金属アレルギーの方も使用できる

金属を使用しないため金属アレルギーの方も使用でき、体に優しいです。

 

ノンクラスプデンチャーのデメリット

たくさんのメリットがあるノンクラスプデンチャーですが、もちろんデメリットもあります。

 

【1】高額

保険適用外のため、費用が高くなります。歯科医院によって値段は異なります。

 

【2】修理が難しい

ノンクラスプデンチャーに何らかのトラブルが起きた場合、修理が保険内で作られる入れ歯よりも難しいです。

 

【3】金属製の入れ歯よりも耐久性は低い

保険治療外で作られる入れ歯の中には、金属床の入れ歯があります。

金属を使用しているため耐久性に優れているのが特徴です。

 

ノンクラスプデンチャーは金属を使用しないため耐久性はやや劣ります。

 

ノンクラスプデンチャーの最大の特徴は、“目立たないこと”です。

見た目が美しく、目立たない入れ歯を作りたいと思われる方におすすめです。

 

しかし場合によっては適応にならない場所もあるため、歯科医師とよく相談して決めましょう。

 

ひかり歯科クリニック摂津院ではノンクラスプデンチャーを取り扱っております。

ひかり歯科クリニック摂津院の入れ歯治療に関してはこちらをご確認ください。

 

 
ひかり歯科クリニック摂津院
予約優先(新患・急患随時受付)
大阪メトロ今里筋線「井高野駅」2番出口より徒歩約5分です。
  • 06-7860-6480
  • 〒566-0046
    大阪府摂津市別府3-16-1
    <駐車場有>
診療
時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
コンテンツ
摂津院ブログ
歯に関する情報や医院情報を発信
舌痛症特設サイト(外部)
舌の痛み痺れにお困りの方へ
求人情報(外部)
当院で一緒に働きませんか?
関連医院
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内